ホーム > ビージャネット

カレーなるレビューキャンペーンはじまります!


bn_review_cp.jpg

 

素材だけで作った”チキンキーマカレー”を食べてレビューを書いていただいた方に、
もれなくビージャネットポイントを500ポイントプレゼント!


対象商品は、「素材だけで作った”チキンキーマカレー”2個セット 980円」です。
(単品でのご購入は対象外です)

期間は、2013年2月1日~2月28日まで。

この機会にぜひぜひ”チキンキーマカレー”をお試しください!

キャンペーンについて詳しくは、こちら

 

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

ビージャネットへは
こちら

2013年2月 1日 bija_staff |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

レビューでビージャネットポイントもらえます

お買い物の参考に!ビージャネットではお客様の評価をご紹介しています。

ビージャネットはこちら

レビューを書いていただくと、書いていただいた商品の金額に応じて、税抜き3パーセント相当のポイントを差し上げます。

例)【didi】チャイマサラ 3種のフレーバーお試しセット 980円(税込)をお買い上げいただき、レビューを書いていただいた場合 【税別価格 933円 の3%、27ポイント】を差し上げます。


※必ずログインしてからご記入ください。
詳しくはこちらをご覧ください   
ユーザーレビューについて:http://shop.bija.jp/html/page18.html


ポイントは次回以降のビージャネットのお買い物で、1ポイント=1円でご利用いただけます。
レビューの他に、100円(税抜)のお買いものにつき1ポイントが付きます。
ビージャネットポイントのご案内:http://shop.bija.jp/html/page8.html

 

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

ビージャネットへは
こちら

2013年2月 1日 bija_staff |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

ビージャネット始まってます!

2月1日にオープンした

“地球を救うカレーとカフェの店「ビージャ」のセレクト通販 ビージャネット”

もうチェックしていただけましたか?

カレーやカフェを皆さんに楽しんでいただきながら、裏のほうでコツコツとネットショップの作業をしています。
なので、新しい商品がちょっとずつ増えたりしながら、写真がちょっと増えたり、商品の紹介がちょっと詳しくなったり、日々進化してるんですよ。気づいてましたか!そうですかそれはよかった!!

そんなビージャネットを気長に見守ってやってくださいね。

とくに注目していただきたいのが、Bijaのオリジナルブランド2つです。

EarthCurry(アースカレー)は、オーガニックやフェアトレードを大切にしたカレー・スパイスのブランドです。
今は7種類のスパイスを扱っています。
Bijaで手作りして実際にお店で使っている「あの」ガラムマサラも買えますよ! 

もうひとつ。ビージャネットの中に“New Chai ブランド”というカテゴリがあるのに商品はまだ何もありません。
文字通り、新しいチャイのブランドを準備中です!早く皆さんにご紹介したいしたいのは山々なのですが!
頑張って準備を進めていますので、期待していてくださいね!!期待してますか!そうですかありがとうございます!!

こんなキャンペーンもやってます。↓

campaign01.jpg

かずえでした

2012年2月13日 bija_staff |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

Re-食器

ビージャネットの2月本格オープンに向けて、準備を進めています。

Bijaスタッフが自信を持ってお勧めする商品や、Bijaにご縁のあった方々の商品をご紹介して、楽しんでお買い物をしていただけるお店を目指していますので、ぜひチェックしてくださいね。

地球を救うカレーとカフェの店「ビージャ」のセレクト通販 ビージャネット
http://shop.bija.jp/

 

プレオープン中の現在はまだご覧いただける商品はちょっとだけですが、今日はこれから販売する予定の「Re-食器」をご紹介します!

IMGP1206.JPG

Re-食器」とは、生活の中で壊れたり、馴染まなくなった不用食器や美濃焼産地内で発生した不良品を粉砕して、原料の一部にまぜて、再度焼成したものです。

Bijaで使っているお皿のほとんどは、このRe-食器です。

温かみがあり、チャイやカレーがおいしく見えるので私もこのシリーズが大好きです。

ビージャネットでご紹介できるまで、もう少しお待ち下さいね。

かずえ

 

2012年1月20日 bija_staff |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

新レトルトカレー開発中!

 

IMG_1228.JPGH curry に続くレトルトカレーを開発中です。

明日の朝には、レトルト工場に、写真のカレーを持って行ってレトルト処理してもらいます。
 

レトルトカレーづくりも、なんだかんだでもうすぐ3年の経験です。

最初は、Bijaのカレーをそのままレトルト処理してもらって、その味の違いにびっくり! とてもおいしくないカレーになってしまいました。

添加物を使わないで、微妙な味のバランスをレトルトで表現するのはなかなか難しいことが分かってから、試行錯誤が続きましたが、だんだんレトルト用のレシピのこつが分かってきました。

 

早ければ2月には、この新しいレトルトカレーをお披露目できそうです!

2012年1月11日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

フェアトレードについて

 大学2年生の夏休みに、初めて海外の一人旅をしました。1ヶ月間、バックパックを背負って安宿に泊まってのタイ、カンボジア、ベトナムの旅でした。もう15年以上も前の話です。


 当時のカンボジアは、まだポルポト派の残党がいて、タイとの国境も封鎖されていました。そこで出会ったのは、水道や電気などの生活のインフラが整っていない中で暮らす人々や、地雷で手や足がなくて物乞いをして暮らしている人など。ベトナムでは生活費を稼ぐために学校に行けない子供達にも出会いました。

 日本に住んでいる自分の生活の常識が通じない途上国の現実に出会い、日本に生まれた自分がいかに恵まれているかということが分かりました。同時に、「途上国の人達のために自分に何ができるのだろうか?」と思うようになりました。

ボンベイ郊外.jpgのサムネール画像
 その後、中東、アフリカ、中南米など多くの国々を旅しましたが、途上国の状況は程度の差はあっても構造的な貧しさや飢えの問題を抱えていました。

 
 
 
  そして、大学4年生の就職活動で、フェアトレードを行っている第3世界ショップに出会ったのです。
 
 フェアトレードとは直訳すると「公正な貿易」です。通常の貿易では、買う側は品質や安さを追求して、それを作る人々の生活を考えないことが多いと思います。フェアトレードでは、途上国の人々がきちんと食べられて、教育や医療を受けられる賃金を払います。
 
 フェアトレード商品としては食品、雑貨、衣類などが代表的です。農産物であれば、相手先のコミュニティと関係を築いて、環境にも負荷を与えないで現地の農業環境を持続可能なものにする有機農業を進める場合が多いです。それは、先進国の人にとっても顔が見えて安心できる商品を買えることにつながります。

 フェアトレードについて知ったのはその時が初めてで、「あ!フェアトレードは途上国の人達に対して日本にいる自分ができることの一つの鍵になるんじゃないか。」とピンと来たんです。結局、卒業までの1年弱の間、第3世界ショップを経営してい㈱プレス・オールターナティブでインターンをしてフェアトレードに触れました。

 日本では欧米と比べるとまだまだフェアトレードの認知率が低いのが現状です。しかし、日本でもこの10年間で少しずつファトレード自体やフェアトレードを行っている団体についても知られてきていると思います。Bijaとフェアトレードとのつながりについては、また次号で!
 
フェアトレードについての詳しい情報は、「Fair trade Stylehttp://www.fairtrade-net.org/ や、フェアトレードを行っている各団体のホームページなどで知ることができます。

 
 Bija(ビージャ)の基本のコンセプトが生まれたのは、忘れもしないニューヨーク大学のフードスタディ&マネジメントという自分が通っていた大学院のコースの「食産業における現代の問題」という社会学の授業で、ある情報に出会ったときでした。

 

『世界には12億人の人たちが「食べすぎ」で困っている一方で、それと同じ数の人たちが食べるものがなく(少なく)て困っている』

 もちろん日本は食べ過ぎの側で、そして標準体重に満たない子供の割合が高い国という指標でみると、ネパールバングラディッシュインドというカレーの国々が上位に来ていました。

 
  この事実を知ったとき、ピン!ときたんです。


「自分の大好きなカレーであれば、日本では地元のオーガニック野菜たっぷりのカレーを出すことで、健康な食を提供できる。そして、カレーの材料であるスパイスや、コーヒーや紅茶はフェアトレードのもの使うことで、飢えの問題をかかえるカレーの国々の方々の生活支援に少しでも貢献できるんじゃないだろうか・・・」

 

curry map from presen

「これだ!カレーがつなぐ日本と世界だ!」

と教室の中で一人で興奮していました(笑)。

 

 

 

 

 こういった経緯があって、Bijaでは、カレー、ドリンクそして雑貨でカレーの国々をV中心にしたフェアトレードの商品を扱っています。


 Bijaのカレーの味を左右するスパイスは、ネパールの方々を支援しているネパリ・バザーロと、事業収益の50%を産地へ還元することを約束しているVOXSPICEオーガニッスパイスオリジナルブレンドして使っています。
 (2012年には、インド、スリランカの農園からBijaが直接フェアトレードでスパイスや紅茶を輸入開始する予定です。)

 通常のスパイスからすれば値段は高いですが、Bijaのポリシーとしてもこのスパイスを使い続けています。

 もちろん、フェアトレードという意義だけではなく、スパイスとしてもクオリティの夜高いものが揃っています。世界でもフェアトレード&オーガニックスパイスを使っているカレーの専門店はBijaぐらいだと思います。Bijaのカレーを食べると、間接的ではありますが、同じ地球に住んでいる人たちの助けになることができます。ちょっと素敵なカレーじゃないですか?!

 もちろん、スパイス以外にも、コーヒー、紅茶、オリーブオイルなど、可能な限りフェアトレードの商品を扱うようにしています。
 日々のお買い物で国際協力がでるフェアトレード、ぜひみなさんもビージャネットでお楽しみください!

 

2012年1月 3日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

ローカルフードについて

 Bijaはできるかぎり地元の食材にこだわっています。まずは浜松産、次に三遠南信産(三:三河→愛知県東部、遠:遠州→静岡県西部、南信:長野県南部)、そして国産。それにはいくつかの理由があります。
 

エネルギーをかけて遠いところから来るフードマイレージ(※)の高い食材を避けられる

日本の低い食料自給率をあげることにつながる

その土地の気候、風土にあった旬の素材は、食べる人のカラダに優しい

地元の食材は収穫されてからすぐに手に入るから新鮮。旬のものも食べられる

地元の食材は安心・安全。これは顔が見える関係を築けることが前提です。口にするものを作っいる人達にすぐに会えるのは地元産だから

地元のものを食べることで、地域への愛着が育つ


畑 
 毎日三食、何を食べるのかを我々一人ひとりが選ぶことができます。そのとき自分の体の中に直接取り込む食べ物がいったいどこから来たものなのか考え、地元のものを選ぶことは、おいしさや自分の体への配慮だけではなく、自分たちが住む地域とのつながり作り、地域への貢献、環境への配慮につながります。

 それは、グローバリゼーションの中で伝統的な農業や食のあり方、暮らし方が壊れつつある世界で、日々の生活の中で自分たちにできることをしていくことにもつながります。まさに「Think Globally, Act Locally (地球規模で考えて、自分たちの地域・足元から実践)」ですね。

 
 
 ところで「ビージャネットが浜松のものを浜松以外に売るのってポリシーに反しないのか?」というご意見もあると思います。

 野菜をはじめとする生鮮食品は、やはりなるべく地元のものを選ぶことがいいと思っています。ただし、地元で安心できる食ベものが手に入らない場合や、ある地域にしかない加工食品などは、このポリシーから外れてくると思います。
また、「おいしいものを食べたい!」「めずらしいものを食べたい!」と思うのは人の自然な欲求だと思います。それはを無理して抑えこむのではなく、バランスを考えて食品を選んでいくことが大切だと思っています。「白か黒」「0か1」ではなくて、よりよい方向に近づいていくことが大事でしょう。
 
自分の口にするものが、どこから来たものなのか、誰がどんな作り方をしたものなかのか、どんな想いがこもっているものなのかを知ったら、もっともっとおいしくなるかも!

 
*フードマイレージとは・・・輸送量(トン)に、食べ物がとれたところから食べるところまで運ばれる距離(キロ)を掛けたもの。輸送に伴うCO2排出量を推計でき、環境の負荷を表す指標として利用されている。


Bija新聞2007年11月号を加筆・修正
 

2012年1月 3日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

オーガニックについて

オーガニック」とは、化学肥料や農薬に頼らずに、有機肥料などにより土の持つ力を活かして栽培する農法のことをいいます。「有機農産物」というときの「有機」と「オーガニック」は同じ意味です。最近では、オーガニックは単に農産物・食品の範囲を超えて、衣食住、そして人や自然に優しい生き方を示す言葉としても使われています。

 
DSC00697.JPG
 
ではなぜBijaはオーガニックを重視しているのか?それはBijaの食事、食品を楽しんでくださるお客様のことを第一に考えているからです。食べていただくと分かるように、オーガニックの野菜はおいしいです!そして無農薬だから多くの野菜を皮から余さず料理しているし、そもそも野菜自体の栄養価も高い。さらに、化学物質を含まないので直接体に取り込む食べ物として安全でもあります。
 
 
また、オーガニック農法は、農薬や化学肥料を使わないことで自然を汚しません。 Bijaがおつきあいさせていただいている地元の有機農家の方々は、環境の事も考えて生き方として、手間暇のかかる有機農法で、安全でおいしい野菜を育ててくださっています。あるお米を作っている農家さんが、「自分はお米だけじゃなくて、田んぼのかえるやいもりが住む環境もつくっているんだ」とおっしゃっていました。食べる人だけではなく、自然や人以外の生き物にもやさしいのがオーガニック(有機農法)なのです。

 
DSC00712.JPG
ちなみに・・・有機JAS法によって、「有機」「オーガニック」と商品表示するには第三者認証を得ることが必要になりました。ただBijaでは、特に野菜については認証にこだわっていません。なぜなら農家の方々のことを知っていて、直接野菜を分けていただいているからです。顔が見える関係で信頼感があるから、あえて第三者の認証がなくてもいいと考えています。 


Bija新聞創刊号(2007年10月号)を加筆・修正

2012年1月 3日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

地球カレー基金について

ecfund.gif



カレーで、人や地球とつながろう!

 

 
  •  Bijaのオリジナルカレー関連商品(Earth Curry、H curry)の売り上げの1%を集めて、「地球カレー基金」を作ります。 
     
  •  「地球カレー基金」に貯められた資金で、人、地域、地球の健康を促進する食や環境などの分野のプロジェクトを支援します。 
     
  •  オーガニック、地産地消、フェアトレードの食材を選ぶことでも地球に貢献しますが、さらにこのカレー基金がカレーでみんなで人、地球につながるきっかけになれたられしいです。


 これまでの地球カレー基金の実績も、ここで発表していく予定です。

 

2012年1月 3日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

ビージャネットのご説明

◆はじめまして!
 
「ビージャネット」は、静岡県浜松市にある地球を救うカレーとカフェの店「Spice Cafe Bija(ビージャ)」のセレクト通販ショップです。

「おいしい」、「あんしん」、「あんぜんな」、オンライン カレーショップを目指しています。
 
「ビージャネット」では、Bijaプロデュースのオリジナル商品、カレー、スパイス、チャイ、スイーツ、エコ雑貨など、いろいろな商品を揃えています。
 
ぜひ「ビージャネット」を、あなたの生活のピリッとしたアクセントとしてご愛用ください!
 

予めご了承ください
  • 商品の在庫管理は実店舗のBijaと並行して行っております。
  • そのため、サイト内で在庫が「あり」となっている商品でも店舗で完売してしまった時はご用意できない場合がございます。 
  • 在庫に関してはなるべくすばやく情報を更新してまいりますが、タッチの差で売り切れた場合は誠に申し訳ございません。
  • ご注文後、当店から差し上げるメールにその旨ご報告いたしますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

     
◆ビージャネットのの3つの商品ポリシー
実店舗のBijaでも大事にしている「オーガニック」「ローカルフード」「フェアトレード」の3つのポリシーを、ビージャネットの品揃えでも基準としています。
 
それぞれのポリーシーについては、こちらをご覧ください:「オーガニック」「ローカルフード」「フェアトレード


商品ページには、この3つのポリシーに該当する商品にはアイコンをつけています。

◇オーガニック
icon_org.gif

認証にこだわらず、無農薬、無化学肥料、遺伝子組換えではない商品にこのマークをつけています。

 
◇ローカルフード
icon_hama.gif

浜松をはじめ、静岡県、愛知県中東部、長野県中南部など、浜松近郊産の商品にこのマークをつけています。
 
icon_dom.gif

メイド・イン・ジャパンの商品にこのマークをつけています。


 
◇フェアトレード
icon_ft.gif

認証にこだわらず、途上国の生産者の生活支援に貢献する商品にこのマークをつけています。



 
◆びーじゃん
bijan.gif

Bijaスタッフの代表として、「びーじゃん」から、各商品のページで、商品のオススメ情報を教えてもらいます!


 
 
◆「地球を救うカレー!」のコンセプトについて 
 
 このコンセプトを思いついたのは、NY大学の授業で、世界の栄養不良について学んでいたときでした。
先進国の多くでは肥満に悩む人が多く、それと同じ数の人達が途上国で栄養不足に悩んでいることを知り。。。
 
  • 栄養価たっぷりで低カロリーの玄米と野菜主体のカレーで提供し、食べる人の健康を促進し
  • 地域の有機農家さんの野菜を使うことで、地域や環境の健康を促進し
  • フェアトレードのスパイス、コーヒー、紅茶を使い、世界の現状を伝えていくことで途上国の人々の健康にも貢献する
 
 このコンセプトを思いついて、授業中に思わず一人で興奮してしまったことは忘れられません!
 
 そして、Bijaを始める前、ap bankの融資に申し込むときに「地球を救うカレー!」のフレーズを思いつきました。僕がやろうとしていることを一言にまとめた言葉です。
 
 工業化、グローバリゼーションが進み、人、自然、地域の縁や循環が希薄になっていく今の世界。
 
 人が生きていていく上での基礎である「食」を通じて、人、自然、地域がもう一度つながり直すことに、大好きなカレーで貢献できたら最高です!
 
 われわれは、毎日の生活を、ナチュラルに楽しんでいくことで、きっと世界や地球を良くしていけます!
 
(kiyo curry こと 店主 清川)
 

2012年1月 3日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中