ホーム > 2013年4月

カレー皿のむこうに広がる世界(成長編24):  ゼミナール

 

山に登り、田んぼを耕し、旅し、勉強もして過ごした大学の2年間が終わり、3年生になる時点で転部を申請することにした。
 
自分の母校一橋大学では、ゼミナールが教育の核だった。
すべての学生がどこかのゼミに属して、指導教官について仲間たちと勉強していく。
ゼミの仲間は、一生続く縁になることも多いほど、膝を突き合わせて学びあう。
そして、3年生になるときに、その後卒業まで2年間過ごすゼミを選ぶ。
 
経済学部で入学して基礎科目を勉強したけれど、自分の将来につながるような直感的な躍動感は感じられないでいた。
 
自分で商売を始めることを考えると、より実学的な商学部に進むか、大学1年の時に悩んだ経験から社会学部で心理学を選考することにも魅力を感じてた。
 
結局選んだのは、商学部。
そして、ゼミは経営戦略論と組織論の楠木先生のゼミを選んだ。
座学だけではなく、テキストで学んだ理論をチームプロジェクトでリサーチし結果をプレゼンするスタイルと、若くて勢いと発想の自由さのある先生やゼミのカルチャーに惹かれた。
 
結果は大正解。
 
理論や知識はもとより、チームで仮設を立てて検証していく方法を実践で学べた。
チームのメンバーの様々な視点や力が生み出すダイナミズムや、一人では決して導けない答えや成果が導き出される面白さも痛感した。
 
何より、楠木ゼミに集まったメンバーが最高だった。
超頭のいい人、超発想が豊かで自由な人、超深い思考力を持つ人、プロジェクトを進める実行力のある人。正直すごいな~と思うメンバーがいっぱいだった。
実は、大学の留学制度に申請して、2年間のゼミの途中で留学することを考えていただけど、「このメンバーと2年間過ごしたい!」と思って、留学するのは辞めた。
よく学び、よく飲んだ!

CCF20130424_00000.jpg
 
ワンダーフォーゲル部や田んぼの会の仲間は、好きなコトやライフスタイルが似ていて、一緒にいて楽で居心地のいい関係。
一方で、ゼミの仲間からは刺激をもらって、がんばっている相手からエネルギーをもらって、自分もがんばろう!って思える関係。
これは、今でも変わらない。
 
もう卒業して15年かな。でも、今でも関係が続く仲間出会えたのは、大学時代のとっても大きな財産です。
 
 
ちなみに、あんまりゼミの仲間が優秀で、頭のキレや思考力その他ももろもろで、自分はかなわんな~と思った(笑)。
このころから、自分の強みや良さってなんだろうって考え始めた。
そして、いろいろ考えたけど、ワンゲルや田んぼの会の感性的自由人派+バリバリ系のロジックしっかり派の両立ができることかなと思い始めた。
 
 
商学部の授業も面白かった。
書き始めると長くなるから、そこで学んだ多くのことはここでは触れないけど、しっかりと今の自分の財産になってる。
 
そういえば、当時、「起業して上場して株式公開して若くして引退して悠々自適に暮らす」なんて将来のプランを話す人達が同級生にいた。
自分も、父にあこがれて自分の事業を始めたいと思っていたけれど、なんかそういう起業志向には違和感があった。
事業を起こすことでいったい何を自分がしたいのか、何を得たいのか、自分の中で考えるテーマになった。

 
大学4年の1年間をかけてする卒業研究(卒論)はチームプロジェクトだった。
選んだテーマは、稼ぐことが目的ではないボランティア組織で、誰がどんなモチベーションで組織に参加し、何を得ているのかや、どんな組織運営がなされているのかの研究だった。
 
個人的には、仕事、働くということや、目的をもって人がつながる組織から人がお金ではない何を得ているのか、などの興味があっての選択だった。
 
大学がある街の全くタイプの違う2つの手話サークルに参加しながら、リサーチを続けた。
 
1つは、クローズ型で大きくならない手話サークル、もう1つは、誰もでも参加しやすいオープンで組織規模が大きい手話サークル。
僕よりもチームメンバーが優秀でがんばってくれて、この研究でも学んだことが多かった。
 
 
そうそう、過去のことをドンドン忘れてく僕は実は全く覚えてないのだけど、当時ゼミで「将来カレー屋やりたい」って言ってたらしい(笑)。
 
その頃の僕は、カレーは好きで作ってたけど、基本的にカレールーを使ってアレジンする程度でカレーの知識は浅かったし、本気で飲食業をやりたいなんて思ってなかったはずなんだけどな~。
 
ほんとに充実した大学3,4年のゼミの2年間でした。




Earth Curry Book  ~ カレー皿のむこうに広がる世界~ 目次はこちら

店主清川が、Bija開店まで、開店してからの奮闘記、オーガニックのこと、Bijaのカレーに盛り込まれた想いのことなどなど書いています。
 

2013年4月24日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

カレー皿のむこうに広がる世界(成長編23): 前世?

 

大学生ともなれば、ま~飲みます!
 
飲めば、仲良くなる。
 
山ではテントの中で飲み、田んぼの作業の後に飲み、街でも飲む。
 

 
はじめて記憶がなくなるまで飲んだのは、学園祭のときだったかな。
 
自分が行っていた大学の当時の学園祭のフィナーレは、「池落ち」だった。
 
11月の寒い中、体育会の学生を中心に、池に飛び込む。そう、ただ飛び込む!
 
酔っ払って、ずぶ濡れになった学生がキャンパスに溢れる相当楽しいフィナーレだった。
 
 
CCF20130417_00000-001.jpg
 
ワンゲルでは、池落ち前になぜか「おおブレネリ」の歌にあわせて、一升瓶の回し飲み。
 
祭り!の雰囲気もあって飲んだな~。
 
・・・で、記憶が飛んだ。。。。。
 

 


ところどころ覚えてるのは、着替えて、2次会の居酒屋に行ったこと。
 
後で、2次会のことを聞くと、
 
酔った自分は、なぜかスクっと立ち上がり、手でどうやってカレーを食べるのか、つまり手食(てしょく)の作法をワンゲルの先輩、同級生にレクチャーしたらしい。。。

 
 
その時まで、手でカレー食べた経験なし。
 
なんだろう?
 
自分は前世があるのかないのか分からいけど、こんなにカレーが好きだったり、したこともない手食をみんなに教えたりしたってことは、前世があるならカレーの国の人だったのかな?

 
 
ちなみに、カレー以外で、なぜか縁をかんじるのがスコットランド。
 
なぜかは分からないけど、バグパイプの音には昔から惹かれる。
 
NY留学中に、世界的に有名なエコビレッジ「フィンドホーン」に行ったことがあって、とても大きなインパクトのある経験をした。(このこともそのうち書きます。)
 
その時は意識してなかったけど、フィンドホーンがあるのはスコットランド。
 
そして、直感的に、また人生のうち何度かフィンドホーンを訪れるような気がしてる。
 

 
だいたい、過去のことはドンドン忘れちゃうタイプなので、なぜか理由も分からず好きなカレーやバクパイプってなんかよっぽどの縁があるのかな~???
 
誰か教えて。



Earth Curry Book  ~ カレー皿のむこうに広がる世界~ 目次はこちら

店主清川が、Bija開店まで、開店してからの奮闘記、オーガニックのこと、Bijaのカレーに盛り込まれた想いのことなどなど書いています。
 

2013年4月17日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

カレー皿のむこうに広がる世界(成長編22): タイ カンボジア ベトナム in 1995

 


初めての海外一人旅は、刺激的だった。

 

バックパックを背負って安宿を拠点に移動する旅。いわゆるバックパッカーだ。

 

ワンゲルで山でのテント泊に慣れていたから、宿泊は屋根とシャワーがあれば天国。

山の水も飲んで鍛えてた胃袋はめったなことでは壊れない。

ハードな移動も大丈夫。

でかい方だから、危険な目にあいづらかった。

 

旅での出会いも面白かった!

一人で旅している人たちは個性的な人たちが多い。

そんな人達と、出会ってメシ食って飲んで、途中で一緒に旅したり。

日本ではなかなか会わないエネルギッシュな旅人、海外の旅人。そんな人達と過ごす時間が面白かった。



CCF20120514_00012-002.jpg

 

もちろん、食事も楽しい。

現地の人が食べてるものに興味があったから、街の食堂に行って現地の人と一緒に食べた。

もちろんカレーやスパイス料理は好きだけど、今まで旅した国の中で一番おしいかったのはベトナムかな~。何を食べてもおいしいかった!

市場に行けば、ぶら下がる山羊や羊の生肉。生きたまま売られてるニワトリ。

もちろん、なんのパッケージもされずに山積みにされて売られてる季節の野菜。

人間の長い暮らしの中で、食べ物はこうして取引されたきたんだってことが分かる。

田舎に行けば、家族総出での田植えや、牛を使った田起こしも見られた。



CCF20120514_00012-001.jpg CCF20120514_00013.jpg

 

 









旅した人は感じることが多いと思うけど、海外に出ると自分が日本人であることを意識することになる。

海外の人から質問されて、自分が日本のことを知らないことを知った。

自分が当たり前だと思っていた感覚や認識が日本人特有のものであることも、旅して現地の人と触れ合ったり、海外の旅人と話しをするとよく感じる。

 

そして、日本に生まれた自分がラッキーであったことも、最初の旅で強く感じた。

 

カンボジアでは、地雷で手足をふっとばされた人に抱きつかれ、お金をせがまれた。

べトナムでは、海岸を歩いていたら、貝のおみやげを買ってくれてとせがんで、延々ついてきた子供がいた。

途上国を旅すると、お金をせがまれること少なくない。

「払うのがいいのか、払わないことがいいか」考えさせられる。

 

カンボジアでは、ほんのわずかなお金で体を売る女性がいた。

物売りの女の子と話しをしていたら、お金をためて学校に行きたいって、目をキラキラさせて話しをしてくれた。

 

カンボジアの田舎で、建物は雨風をしのぐのみ、電気も水道もない家で住む人達がいた。。。

 

 

安心して住める家があること、学校に行けること、病院に行けること、きちんと食事できること、自らの生き方、働き方を選べること、こうして海外を旅できることのありがたさを最初の一人旅で強く感じた。



CCF20120514_00014.jpg CCF20120514_00013-001.jpg

 










では、貧困に直面している途上国の人たちに、僕ができることは何なのか?

お金を渡すことはできる。でも、問題は構造的だ。

自分は父親の背中を見て、経済の身を立てたいと思っている、政治ではなく経済の面で何ができるのか?

最初のこの旅で考え初めた。

 

 

一方で、途上国の人たちの笑顔にもびっくりした。

日本ではなかなか見られない子供の満面の笑顔、大人のくったくのない笑顔。

経済的に豊かなはずの日本人が、こんな笑顔でいられないってどういうことだろう?

日本人は本当に幸せなのかな?

豊かさ、幸せの尺度って、何なんだろう?

こんなことも、最初の一人旅で考え始めた。

 

CCF20120514_00014-001.jpg


 

旅で感じて、考える。

最初の一人旅だったこの夏の想い出は、今でも鮮烈だ。


 



Earth Curry Book  ~ カレー皿のむこうに広がる世界~ 目次はこちら

店主清川が、Bija開店まで、開店してからの奮闘記、オーガニックのこと、Bijaのカレーに盛り込まれた想いのことなどなど書いています。
 
 

2013年4月 4日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中

2013年4月 4日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中
  • 1