ホーム > Bijaスタッフ日記 , ホーム > Earth Curry Book , ホーム > 店主の日記 , ホーム > 成長編 > カレー皿のむこうに広がる世界(成長編21): 旅の洗礼?inバンコク

カレー皿のむこうに広がる世界(成長編21): 旅の洗礼?inバンコク

 

飛行機がバンコクの国際空港に降り立ったのは夜も更けてから。さすが格安の航空券。
 
宿に決めていたのは、世界のバックパッカーが集まるカオサンストリート

 
 
空港を出るときに、これから旅を始めるっていう日本人女の子3人組と知り合いになって、一緒にカオサンまで行くことに。
 
美大生の子たちで、なんだろ、自分が行ってた高校や大学の同級生にはいないかんじの自由で個性的で、自分たちの好きなことを学校でもプライベートでも楽しんでる子たちだった。

旅の最初からついてるな、ラッキー!旅の出逢い最高!


 
最初に泊まった宿の名前はもう覚えてないけど格安のバックパッカー宿。

最初の夜に、薄い壁越しになぜか尺八の音色が聞こえてくる。しかも、ウマイ!

尺八持って旅ってかっこいいな~、どんな日本人かな~、と思って翌朝顔をあわせたら、金髪の白人のお兄さんだった。

旅は面白い!


 
タイの食事も安くてウマイし、最高だ!

バンコクを観光しながら、タイの後の旅の予定をカンボジア、ベトナムにして、カオサンの旅行代理店でフライトの手配をしていたころにやっちまいました。
 

 
恥ずかしながら、やられちゃいました。。。。。宝石詐欺に。
 

 
その後、旅慣れた自分からすると、なんであんな手に引っかかったんだろうと思うけど、やられちゃいました。


 
よくある話で、タイで宝石を買って、日本に持ち帰って売ると何倍にもなって売れるという話。

宝石だけに、買うのにもけっこうまとまった金額だ。

で、喜び勇んで帰国して売ろうしても、全然価値がないって話。

高く売れない場合の保証をつけてくれていたはずが、実際にはドロンとうやつ。
 

 
なんで騙されたのかやその手口、プロセスのドキドキや、解決に奔走した詳細を書くと、延々と書いちゃうので省略します(笑)。

結果的にはお金は一銭も払わず、なんの怪我もなく解決できた。

解決するのにけっこうかかって旅の予定も狂ったけど、でもまー良かった。


 
解決する前の途中のプロセスで、日本の父親に電話したことがあった。

怒られるどころか、「そうか!孝男もついにリスクとってする商売をする気になったか!」と喜ばれてしまった(笑)。

さすが、商売人の親。
 

 
今のバンコクはもう発展して随分変わってるんだろうけど、1995年の夏のバンコクでは値札のない商品がほぼ全部で、買うのにいちいち交渉しなきゃならなかった。

しなきゃ、ぼられる。

いい人たちもいっぱいいるけど、騙そうとする奴もいっぱいいる。


 

いまだに本場で初めて食べたタイカレーがおいしかったことよりも、宝石詐欺にあったことを鮮明に覚えてる、そんな旅の洗礼?でした。。。

 

CCF20130329_00000.jpg

 


Earth Curry Book  ~ カレー皿のむこうに広がる世界~ 目次はこちら



店主清川が、Bija開店まで、開店してからの奮闘記、オーガニックのこと、Bijaのカレーに盛り込まれた想いのことなどなど書いています。

 

2013年3月29日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中