ホーム > Bijaスタッフ日記 , ホーム > Earth Curry Book , ホーム > 店主の日記 , ホーム > 成長編 > カレー皿のむこうに広がる世界(成長編20): 初めての一人旅

カレー皿のむこうに広がる世界(成長編20): 初めての一人旅

 

 
いつか、世界を旅してみたいと思ってた。
 
そして、その第一歩は大学2年生の夏だった。
 

 
子供の頃の多分クリスマスプレゼントで、両親が世界の古代遺跡の本を買ってくれた。エジプト、ギリシャ、古代ローマ、インカ、アステカなどなど、見ててワクワクした。何度も何度も読んだ。
 
家族旅行で海外に連れて行ってもらったことも、本当にいい思い出だ。
ちなみに、両親は新婚旅行でソ連(今のロシア)でシベリア鉄道に乗ったそう。そんな旅好きの遺伝子があったのかな?
 
高校、浪人と勉強した世界の歴史も、本当に面白かった。
今、自分が生きている現代の日本が、世界の中で歴史の中でどこにいるのか少しは知ることができた。
カエサル、チンギスハーン、ナポレオン、シャージャハーン、コンスタンティノープル、バクダッド、人、都市、時代の変遷、そこで暮らしていた人たちの生活。。。。。
 

 
「どこに行こう?」と考えた時に、まずは発展途上国に行こうと思った。
 
先進国は情報がいっぱい入ってくるし大人になってもいつでも行けるチャンスがある。

途上国のニュースは入りづらいから実際に行ってみたいし、体力がある若いうちの方が旅しやすいだろう! お金もないから貧乏旅行だし。
 

 
ネットもないので、本屋に行ったら、「地球の歩き方」シリーズがあった。
 
パラパラ見てると、どうもタイのバンコクを起点にするのが良さそう。
 
ちょうど、カンボジアやベトナムの地球の歩き方が初めて出た頃だったのかな。
 
いつか行ってみたかったアンコールワットもあるし、じゃ決定!ということで、東京とバンコクの往復の格安チケットを買って、1ヶ月弱の旅に出ることにした。
 
 
 
そして、初の海外ひとり旅でウキウキと降り立ったバンコクで、まずは軽~く、旅の洗礼を受けることになったのでした。。。


CCF20120514_00012.jpg




Earth Curry Book  ~ カレー皿のむこうに広がる世界~ 目次はこちら

店主清川が、Bija開店まで、開店してからの奮闘記、オーガニックのこと、Bijaのカレーに盛り込まれた想いのことなどなど書いています。
 
 

 

2013年3月28日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中