ホーム > その他 , ホーム > ビージャネット > ローカルフードについて

ローカルフードについて

 Bijaはできるかぎり地元の食材にこだわっています。まずは浜松産、次に三遠南信産(三:三河→愛知県東部、遠:遠州→静岡県西部、南信:長野県南部)、そして国産。それにはいくつかの理由があります。
 

エネルギーをかけて遠いところから来るフードマイレージ(※)の高い食材を避けられる

日本の低い食料自給率をあげることにつながる

その土地の気候、風土にあった旬の素材は、食べる人のカラダに優しい

地元の食材は収穫されてからすぐに手に入るから新鮮。旬のものも食べられる

地元の食材は安心・安全。これは顔が見える関係を築けることが前提です。口にするものを作っいる人達にすぐに会えるのは地元産だから

地元のものを食べることで、地域への愛着が育つ


畑 
 毎日三食、何を食べるのかを我々一人ひとりが選ぶことができます。そのとき自分の体の中に直接取り込む食べ物がいったいどこから来たものなのか考え、地元のものを選ぶことは、おいしさや自分の体への配慮だけではなく、自分たちが住む地域とのつながり作り、地域への貢献、環境への配慮につながります。

 それは、グローバリゼーションの中で伝統的な農業や食のあり方、暮らし方が壊れつつある世界で、日々の生活の中で自分たちにできることをしていくことにもつながります。まさに「Think Globally, Act Locally (地球規模で考えて、自分たちの地域・足元から実践)」ですね。

 
 
 ところで「ビージャネットが浜松のものを浜松以外に売るのってポリシーに反しないのか?」というご意見もあると思います。

 野菜をはじめとする生鮮食品は、やはりなるべく地元のものを選ぶことがいいと思っています。ただし、地元で安心できる食ベものが手に入らない場合や、ある地域にしかない加工食品などは、このポリシーから外れてくると思います。
また、「おいしいものを食べたい!」「めずらしいものを食べたい!」と思うのは人の自然な欲求だと思います。それはを無理して抑えこむのではなく、バランスを考えて食品を選んでいくことが大切だと思っています。「白か黒」「0か1」ではなくて、よりよい方向に近づいていくことが大事でしょう。
 
自分の口にするものが、どこから来たものなのか、誰がどんな作り方をしたものなかのか、どんな想いがこもっているものなのかを知ったら、もっともっとおいしくなるかも!

 
*フードマイレージとは・・・輸送量(トン)に、食べ物がとれたところから食べるところまで運ばれる距離(キロ)を掛けたもの。輸送に伴うCO2排出量を推計でき、環境の負荷を表す指標として利用されている。


Bija新聞2007年11月号を加筆・修正
 

2012年1月 3日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中