ホーム > Bijaスタッフ日記 , ホーム > スタッフ日記 > 持続可能ということ

持続可能ということ

ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の舞台となった、瀬戸内海の小さな島、祝島でエネルギー自給率100%を目指すプロジェクトがスタートした、というニュースを目にしました。

浜松市でも昨年11月に自主上映されたこの映画、ご覧になった方は、祝島の人々が自然と寄り添うようにして暮らす美しい映像が印象に残っているのではないでしょうか。私もその一人です。
この島の人たちの願いが何とか通じますように、と祈らずにはいられませんでした。
同時に、祝島だけではなく「自分たち」の問題として考えさせられる映画でした。

そんな中、エネルギーを100%小さい島の中でまかなう取り組みが始まったということ。
次の時代に希望をつなげるあの映画から受け取ったものが、さらに次のステップへ向かったような、希望に満ちた嬉しいニュースでした。

持続可能、ということ。エコ、という言葉のもうとひとつ向こうには何があるのか。
生き方そのもの、そういったものに目を向けさせてくれた祝島の人たちに感謝したいと思います。

P1020585s.jpg

 

今日のBijaはキャンドルナイトです。

かずえ

2011年1月21日 bija_staff |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中