ホーム > イベント , ホーム > イベント情報 > ぼくらがカンボジアで見たもの。

ぼくらがカンボジアで見たもの。

いよいよ今度の週末9月18日(土)には、カンボジアと日本をつなぐアジアンモンキーの映像&トークイベントがあります。

カンボジアにつながるのある人も、ない人も。フェアトレードや国際協力に関心のある人もない人も、気軽にご参加ください。

asianmonckey.jpg

Bijaでの人気商品の1つが、カンボジアのお母さんたちが作ったミサンガです。このミサンガをカンボジアから日本に届けているアジアモンキーの代表が、映像&トークで想いや活動について語ってくれます。 

日 時:2010年9月18日(土)16:00~17:30
場 所:Spice Cafe Bija
参加費:500円(ワンドリンク付き)

2005年からカンボジアのプノンペン近郊でスラムに住む人々の自立支援を行っている「アジアンモンキー」。日本人スタッフ、カンボジア人スタッフ合わせて数人の小さな団体です。
手探りで始めた活動も、どうにか現地のお母さんたちにミシンの職業訓練を行えるようになりました。そして、その商品はフェアトレード商品として日本にやってきています。
そんなアジアンモンキーの体験談と活動DVDを交えてカンボジアのスラムの様子、フェアトレード商品製作の様子などをわかりやすくお話します。

カンボジアなんて、遠くの国の話で私が何かやったところで・・・
と思っているアナタ。日本にいても、たった今からでもできることはたくさんあります!

アジモン飯田さん.jpgアジアンモンキー創設者 飯田 洋平
1985年生まれ
大学1年(当時19歳)のときにカンボジアのNGO学校を訪れ、
大学の長期休暇ごとにカンボジアを訪れるようになる、3度目に訪れた際のNGO学校で上田聖也(現・現地スタッフ)と出会う。
ゴミ山との出会いにより、カンボジアの貧困問題の根深さを知り、NGO設立を決意。
カンボジアの友人や上田聖也の協力を得ながら、スラムに住む人々への水タンク・食糧・衣類の配給、排水設備の工事を実施。
大学卒業後は日本の建設会社に勤めながら、製品の販売、資金の確保等、日本での支援活動を続ける。

アジアンモンキーHP http://theasianmonkey.amhp.jp/ngo

2010年9月11日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中