ホーム > その他 , ホーム > メディアの掲載 > Bijaが慶応ビジネススクールのケース教材になりました。

Bijaが慶応ビジネススクールのケース教材になりました。

浜松オーガニックカレー「スパイスカフェBija」

↑ をクリックしてもらうと分かりますが、慶応ビジネススクールのケーススタディの教材としてBija(ビージャ)を取り上げていただきました。

ビジネススクールは、経営学の修士の大学院で、一度社会に出たビジネスマンが、経営を学ぶために入ることが多いです。一般企業だけでなく、npoのリーダーなんかでも行く人はいます。


「ケーススタディ」というアメリカのハーバード大学ビジネススクールで有名な経営の学び方があるんですが、「ケース」はその教材です。ある時期の1つの企業のことが書かれた小冊子(ケース)を読んだうえで、たとえば、マーケティング、財務などの特定のテーマについて、その企業を題材に、講師のリードで、みんなでディスカッションするんです。

経営学の教科書を読んだだけではなく、もっとつっこんで、実際に学んだ知識をどう応用できるかを教室で学べる手法です。


今回、縁があって、慶応ビジネススクールの国保さんが、Bijaをケースの題材に取り上げてくださったんです。実際にわざわざお店まで足を運んで、取材をしてくださいました。

今、Bijaが取り組んでいることが少しでも誰かに役にたったらいいなと、かなり恥ずかしいお店の裏側までお話ししました。それを、国保さんが、客観的な視点でまとめてくれました。できあがったケースは、当事者である僕たちBijaのスタッフにとっても勉強になるものでした。

Bijaのケースは、慶応ビジネススクールのサイトから注文できます。514円です。
Bijaを違う側面から知りたい方。実際にケーススタディの教材として使いたい方。ぜひぜひ手に入れてみてください。

2009年2月14日 kiyo curry |

地球を救うカレー&カフェの店 Bijaのセレクト通販サイト「ビージャネット」オープン!
オーガニック&フェアトレードなカレー、チャイ、スパイス関連商品発売中